Lunch 11:30-14:00 Dinner 17:30-22:00
定休日 : 不定休

おかげさまで10周年特別企画 第4弾

おかげさまで10周年企画最後の第4弾!!!
fb
先月で10周年記念月間は終わりましたが、第1弾のバヴェットステーキが好評だったため、美熊野牛のバヴェットステーキを最後の第4弾としてお出ししちゃいます!
(第1弾は熊野牛でした)
 
第3弾の美熊野牛フィレステーキもかなりお安く好評だったんですが、元が高価なためためらった方も多かったように見受けられました((>ω<。))
 
そこでトドメのバヴェットステーキ投入です♪
 
お値段は第1弾の時と同じ2500円です!
ガッツリ食べたい方はWサイズで3800円!!!
前菜盛り合わせ・スープ・パン・デザート・食後のお飲み物が付きます。
予約なしでも大丈夫ですが、予約をしていただいた方が、じっくりとおいしく焼くことができます。
 
《バヴェットステーキって何?》
今の時代はネットで検索すれば何でも調べることができます。
ですが、何でもかんでも鵜呑みにしてはいけませんよ!
このバヴェットステーキを検索すると、ハラミやらサガリ、バラとかランプの一部と紹介されてますが、どれも違います(笑)
バヴェットステーキを知っていても本当はどの部位かを知らないコックさん多いですよ。
僕も30才手前になるまで知りませんでした(;´Д`)なぜ人によってバヴェットは違う部位に解釈されるのでしょう?

それは、日本の一般的な肉の解体方法では、この部位を牛ヒレに少しと残りはバラ肉につけて解体してしまうんです。

img_0726
1頭から4キロほどしか取れない希少な部位なんですよ。
畜産から解体、販売をされている熊野牛・美熊野牛ではこの部位をきちんと取り分けてくれます。
嬉しいですね♪
ちなみにハラミ・サガリは横隔膜の事で、内蔵(ホルモン)に分類されます。
詳しくは割愛。
バヴェットはお肉です。
フィレと比べると肉の繊維は荒いですが、黒毛和種なので霜降りで濃厚で柔らかいです。

非常に美味しいステーキにぴったりな部位なんです。

 

フランスでは庶民のステーキで、赤身のお肉でリーズナブルなんですが日本ではなかなか。。。
ビストロで安いバヴェットって、たいていハンギングテンダー(サガリ)かアウトサイドスカート(ハラミ)らしいです。(ネット情報w)

 

ではバヴェットは和名で何という部位なのか?
「カイノミ」です。
焼肉屋さんで見かけた事があると思います。
「美味しいお肉」を食べたいなら焼肉屋さんですよね。
でも「美味しく焼いたお肉」を食べたいと思ったときは是非当店へ(笑)

2016年10月3日 4:55 PM
カテゴリー: à la carte, dinner, event, lunch, お知らせ, 食材